ワキガ対策法の種類

ワキガ対策法の種類

ワキガ対策法の種類

ワキガは多くの人を悩ませている問題ですが、社会的な関心が高まり問題として認識されるようになるに従って様々なワキガ対策法が開発されるようになってきています。その種類は非常に多岐にわたり、ドラッグストアで購入できるようなものから医療機関で受ける治療まで実に様々なバリエーションに富んでいるという状況にあります。

 

そのようなワキガ対策法の内、ドラッグストアで購入できるものにはスプレーの物を中心に様々な種類が存在しています。近年ではスプレーよりも強力なジェル状で直接塗布するものや、ロールオンと呼ばれる直接塗り込むようなアイテムがより強力な効果を維持できるということで人気を集めています。

 

しかしそのような市販の商品で対応が出来ない場合には医師による様々な治療が選択可能です。例えば比較的軽度な症状であればボトックスを注射することによる治療が買おうか敵であると言われています。この治療は筋肉を弛緩させるkと尾で発汗を抑え、毛かとしてワキガを抑えることが出来ます。しかし重症の場合には直接的に臭いの原因となるアポクリン汗腺を直接的に除去する外科手術が有効なケースもあります。この様に様々な選択肢の中から最良の対策を検討して選ぶことができるようになっています。

 

口臭予防

ワキガは、汗腺の一種であるアポクリン腺から分泌された汗が、毛穴に生息している常在細菌に分解されて生産される物質による症状です。アポクリン腺が活動するのは思春期以降であり、ワキガの発生もこれ以降となります。ただし、自分の臭いを認識するのは難しいので、他人から指摘される事で自覚するというケースも少なくはありません。このために、必要以上に傷ついてしまい、悩みを抱え込む事になりがちです。

 

アポクリン腺が集中しているのは、脇の下、性器周辺、乳輪部分、耳の中です。この内で、チェックポイントとなるのは、耳の中です。耳垢が湿っているという事は、アポクリン腺が発達しているという事になります。また、この部分は幼少時から発達しているので、思春期以前の判断が可能です。

 

また、アポクリン腺の分量は、遺伝により決定されます。両親がワキガである場合は、高確率で子供へと受け継がれます。自分の臭いは分からなくても、両親の臭いを認識する事は可能です。両親がワキガの場合は90パーセント以上、片方の親のみの場合も70パーセントと考えられています。症状が強い場合は、腋臭症として保険診療による治療を受ける事が出来ます。まずは、自分の症状を認識する事が必要となります。

 

続きを読む≫ 2015/03/11 18:14:11

ホーム RSS購読 サイトマップ